スポンサーサイト

  • 2011.05.24 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


TDP解除のためのキーワード率の調整に「class="robots-nocontent"」って効果あるの?

YSTアップデートからそろそろ一週間ほど経ち順位も大方固定されてきたようですが、キーワードによってはまだ変動しているようです。

今回のアップデートではいろいろなところで悲鳴が聞こえているようですね。

いわゆるTDP(トップページダウンペナルティ)が乱発されてるようです。

TDPはサイトのトップページが大幅に順位下降、場合によっては圏外に飛ばされるというものなのですが、個人的にはペナルティではなくYSTの不具合なのだと思います。


このTDPですが、HTMLのキーワード率に問題があるようで、今までTDPになったサイトはキーワードを調整することで大抵復活していました。

で、個人的に気になったのですが、Yahoo!の場合ですとキーワード調整に「class="robots-nocontent"」というタグが使えるという話をチラホラ聞くのですが、本当に効果あるのでしょうか?

Yahoo!ではnofollowタグもサポートすると言っておきながらサポートしていないような感じなので疑問ですねー。

以前TDPにかかったとある所有サイトで使ってみたのですが、あまり効果はなかったような気がします。一応他の施策も施しておいたのでそのサイトはすぐに復活しましたが・・・。

だれか実験してくれないかなー(←他力本願)


Yahoo!でキャッシュが古くなる現象

Yahoo!ではインデックス更新時に前回更新時以降に付いた被リンクなどが再計算されてランキングに反映されていましたが、YST!のインデックス更新が停止してしまったため今後大きな変動はないと思われます。


が、Yahoo!ではページがクロールされてそのページのキャッシュが更新された時にも順位変動が起きます。


インデックス更新と同様にキャッシュ更新時も被リンクなどが部分的に再計算されるようです。


で、Yahoo!では不具合だか何だか分かりませんが、キャッシュが突然古くなる現象が起きたりします。


Google!でも時々起きたりするのですが、こちらは複数あるサーバーで統一が取れていないために起きるもので、検索するたびにキャッシュが変わったりしますが、少し時間をおけば統一されます。


Yahoo!でも時間をおけば最新のものになることもあるのですが、問題はキャッシュが古くなったり新しくなったりするたびにその間にした施策(被リンク増強)などの効果が現れたり消えたりするので順位が安定しないということです。


被リンクを多数付けたときや内部構造を大幅に変えた時などにキャッシュが古くなる現象が見られるような気がするので、ペナルティになりかかっているのでしょうかね?


TDPなどになるとキャッシュが更新されなくなる(正確には更新されてもすぐ更新されたキャッシュが消去される!)ので何か関係ありそうですね。


YST!なくなっちゃいますけどこの辺のフィルターは存続されるのでしょうか?

36
37383940414243444546474849505152535455565758


Bingはバックエンド?

Yahoo!とMNSの提携が発表されました。ヤフーは検索エンジンにMNSのBingを使うという話でしたが、どうやらBingは検索のバックエンドを担うだけで、フロントエンドでは依然としてヤフー特有のアルリズムやフィルターが適用されるかもしれないそうです。日本だとそこにさらに日本特有のものが適用される可能性が高い訳で、もしかしたら検索結果は現在のYahoo!のものとあまり変わらない?しかしMNSは打倒Googleを目指している訳で、Bingの検索精度は今後向上していくものと思われるので、今までのように企業やヤフーカテゴリ優遇という状況は改善されていくのでしょうか。しかしヤフカテは依然として残るのでしょうかね。

12345678910111213141516171819202223242526272829303132333435

Yahoo!での発リンク

とくにヤフーにおいては発リンクもランキングに影響しているみたいですね。サイトのテーマと関連性のないサイトやペナルティを受けているサイトなどにリンクすると順位が下がったりするとかしないとか。

また、逆に検索エンジンから高評価を受けているサイト(オーソリティサイト)へリンクを張ると、それだけで順位が上がるとか上がらないとか。HITSアルゴリズムとか言われているものです。ググってください。

さらにさらに、オーソリティサイトに"noffolow"を付けてリンクしたりすると、順位が下がったりします。"noffolow"はリンクジュースを受け渡さないとともに、検索エンジンにリンク先を「評価しない」という意思表示と取られる訳ですが、オーソリティサイトなどの既に評価されているサイトに対して「評価しない」という意思表示をするとスパムだと見なされてこちらがペナルティ?を受けるみたいです。

Yahoo!での上位表示には被リンク、発リンクともに気をつけないといけないようです。

1
234567891011121314151617181920222324252627282930

Yahoo!での被リンク

Yahoo!では被リンクの関連性が重要だと言われていますよ。Googleではページランクが高いところからリンクをたくさんもらうとよいですが、Yahoo!では関連性がないページからの被リンクは順位アップにあまり貢献しないとか。あとYahoo!ではできるだけ多くのドメインからリンクをもらった方がいいような気がしたりします。

67891011121314151617181920222324252627282930

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
ACCESSORY
あわせて読みたいブログパーツ
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM